タクシー会社の驚きのサポート体制【会社の補助を受けて免許を取得】

男性

サラリーマンより稼げる

タクシードライバーの年収は都心部を中心にサラリーマンの平均年収より高くなっており、出勤日数も少ないのでその分、割がいいということもできます。未経験者への給与保証など待遇も充実しており、安心して働ける環境が整っています。

タクシーの運転手になる

タクシー

面接に必要な条件

タクシー会社に就職する際の応募方法や面接の仕方は、ほぼ他の業種の求人と変わりません。ただタクシー会社の場合、1次面接だけですむ場合がほとんどです。逆に2次面接まであるのはごく少数なので、面接が苦手な方にとってその点はメリットといえます。なお求人に応募する場合、やはり普通自動車二種免許があると有利なのは間違いありません。すでに第二種免許を取得済みの場合は、就職してすぐに研修を受けて仕事を開始することができます。とはいえタクシー会社の中には、普通自動車第二種免許がなくても就業できるケースも少なくありません。この場合は、会社側の補助を受けながら免許を取得して就業することになります。補助金は退職時に返還要求される場合もあるので、そのあたりの条件はしっかりと確認してから就職先を決めるようにしましょう。また大都市圏では、普通自動車第二種免許以外にも地理試験が必要になる場所もあります。これは一部地域限定で実施されている試験で、合格しなければ特定の地域で営業することが不可能になります。必ず試験にパスする必要はありませんが、大都市圏で幅広く営業したい場合は受けておいて損はないでしょう。タクシー会社への就職は、他の業種と違い資格や検定に合格した実績が仕事に大きく影響します。したがって就職活動をする時は、通常の待遇面に加えて免許や試験を受ける際のサポート体制が確立しているかどうかもチェックしてから決めるようにしましょう。

男女

スキルを提示する

英語が得意な人はそれを活かした職場に派遣してもらうといいでしょう。スキルを人材派遣会社に提示すると、翻訳や通訳といった仕事を紹介してもらえることがあるのです。派遣から正社員登用となることもあるため、キャリアアップにも繋がります。

運転手

女性のタクシードライバー

日本はこれからインバウンド需要を背景に、益々タクシー運転手の需要は伸びてくるでしょう。その中で細やかな気配りのできる女性の協力は必須になります。まだまだ女性が少ない業種だからこそ、タクシー会社からも大事にされ重宝されるかもしれません。

男性

高収入の得られる職業

タクシードライバーはその給与制度によって高収入が期待できる業種です。実際の平均年収は298万円ですが効率よく利用者を見つけて運ぶことができればそれだけ売上もアップします。特に需要の高い地域では年収が400万円を超えることもあります。

女性

まず登録する

派遣の英語の仕事をする時は、まず自分に合った会社を見つけ出すことが必要です。初めての場合は、混乱を防ぐために一社だけに登録するのが無難です。登録会では英語力がチェックされます。英語で面接できるように準備しておきましょう。

Copyright© 2018 タクシー会社の驚きのサポート体制【会社の補助を受けて免許を取得】 All Rights Reserved.